アメリカ不動産の魅力Appeal

アメリカ

アメリカ不動産の魅力

アメリカ不動産の魅力

成熟した不動産市場

●規制が少なく、外国人でも自由に不動産を売買でき、個人名義で登記できる。
●法律上、買主保護がしっかりしており、安心できる。
●過去45年で、アメリカの不動産の資産価値は少なくとも2倍に。
●大恐慌や不況の後も確実に回復している。
●アメリカ人は、ライフスタイルに合わせ、平均7年に一度家を買い替えると言われており、慣習上常に不動産の需要がある。

人口の増加

アメリカは、人口が増え続けている唯一の先進国。
人口の増加に伴い、経済発展や賃貸需要が期待できる。 アメリカの人口の推移(1980~2011年)。
graph

情報開示義務

●アメリカでは、不動産取引に関して情報開示が義務付けられている。登記内容、融資状況などデータがオープンになっており、誰でもそのデータにアクセスできる。そのため、正確な情報が手に入る。
●不動産取引にかかわる業者への行政の管理も厳しいため、詐欺に合うことはめったにない。

「住みたい街」としての魅力

●世界中から、毎年多くの人々がアメリカへ移住している。国際的な視野を持ち、成功している人たちが多い。
●アメリカ永住権(グリーンカード)の当選倍率は300倍。アメリカへの移住を夢見る人は毎年増えている。
●不動産市場が低迷する不況時でも、賃貸物件にはそれほど影響がみられず、むしろ家賃は上昇している。 (人が集まる場所→賃貸の需要)
アメリカの住宅と商業不動産の価格推移 2000年-現在
graph

ソース:  NY Times
Home rental prices 家賃
Home prices 住宅価格
Commercial property prices 商業不動産価格

日本の不動産との違い

●中古住宅市場が確立している。アメリカでは年間の不動産取引のうち、77%が中古住宅である。
(日本は13%)新規の住宅開発があまりないため、中古不動産市場は安定している。

●アメリカの不動産の建物比率は、土地に対して6割~9割。土地の価値の方が高い日本の不動産よりも、大きな減価償却費がとれる。

●アメリカの不動産には、新築・中古という概念が無い。
日本 → 法定耐用年数が過ぎた中古資産の償却年数は法定耐用年数×0.2
アメリカ → 築年数に関係なく、取得時から一律の耐用年数が適用される。

●日本では、法定耐用年数の全てを経過した建物の評価額が実質ゼロになってしまうのに比べ、アメリカでは、適切なメンテナンスをすることで、価値を維持できる。人口が増加に伴う住宅需要により、中古不動産価格は堅調に上昇している。


海外不動産のコンサルティング、株式会社レオン都市開発 LEON.U.D.にお問い合わせ

ページの上部へ