タイ不動産の魅力Appeal

タイ

タイ不動産の魅力

タイ不動産の魅力

税金が安い

タイには贈与税、相続税がありません。
また、どんなに高級な物件に対しても、固定資産税がないので、
物件維持費がかなり安く抑えられます。
転売の際の、売却益税もありません。

経済成長の期待と伸びる不動産市況

タイの、2011年の経済成長予想は、5%。(日本の2011年の経済成長率予想は、-0.5%)と発表されています。2009年~2010年の間、不動産の市場成長率は6%であり、インフレの成長率の4%を上回ったことからも不動産投資が注目されています。タイは、1997年のアジア通貨危機、2008年のリーマンショックの2度の経済危機を乗り越え、1998年から2010年には、GDPがほぼ2倍になっています。食料自給率100%を超えるタイの経済回復力の高さも、投資先として魅力です。経済成長のカギを握る人口増加率も高く、それに伴い不動産需要の拡大も見込まれます。

www.jinko-watch.com/kuni/007.html
ecodb.net/country/TH/imf_gdp.html

購入のしやすさ

外国人が海外の不動産を購入するのに、様々な制限のある国が多いのですが、タイの場合は比較的条件が緩やかです。ビザのない外国人が購入できる不動産はコンドミニアムのみに限られるものの、購入価格制限はなく、一等地の、日本にはないような超高級物件がまだまだ安く購入できます。
新築中古問わず、外国人でも登記が可能です。   

外国企業の進出

タイへ進出する企業は年々増えており、駐在員の賃貸需要もそれに比例し増加しています。現在バンコクには約5万人の日本人が滞在しており、タイ全体では約7万人になります。加えて世界中からの駐在員がタイに滞在しています。

リタイアメント・ビザ制度

タイは、物価の安さ、気候の良さ、教育・医療の水準の高さから、定年退職後に暮らす街としても人気があります。います。特にバンコクは日本人が多く滞在し、日本人向けのレストラン、クリーニングなどのサービス店、コミュニティーが充実していて、住みやすい事で知られています。タイにはリタイアメント・ビザ制度があり、取得条件が比較的簡単で、申請する人が毎年増加しています。定年退職後に暮らす場所としてタイを選んだ方、長期で滞在する方の多くはコンドミニアムを購入し、実需と投資を兼ね備えています。

洪水の影響

2011年10月、タイで史上最悪とも言われるような大洪水が発生し、タイは大きな損害を受け、多くの戸建てや低層住宅が冠水の被害に合いました。この影響で、タイ現地では、「今後高層住宅の需要が高まるだろう」という報道が多くみられるようになっています。そして、逆に今回浸水のなかったエリアのコンドミニアムに関しては、すでに価格が上がり始めています。

海外不動産のコンサルティング、株式会社レオン都市開発 LEON.U.D.にお問い合わせ

ページの上部へ