スペイン不動産の魅力Appeal

スペイン

スペイン不動産の魅力

スペイン不動産の魅力

不動産投資家に与えられる居住権


2013年9月、スペイン政府は外国人投資家に居住権を与える法案を可決しました。
その条件は、スペイン国内の不動産を50万ユーロ以上購入することです。


スペインに居住権があるということは、シェンゲン区域内の26ヵ国にもその居住権が通用するということです。

※シェンゲン区域の国々:ドイツ、オーストリア、ベルギー、デンマーク、スロバキア、スロベニア、スペイン、エストニア、フィンランド、フランス、ギリシャ、オランダ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、チェコ、スウェーデン、スイス

●条件の50万ユーロは現金で支払う必要がありますが、50万ユーロを超えた部分に関しては、現地のローンが利用できます。
●条件を満たした投資家本人だけでなく、その配偶者と18歳未満の子供も、同等の滞在資格が与えられます。
●滞在義務はなく、実際に居住しなくてもその居住権は消滅しません。


この居住権(滞在許可証)に魅了された世界中の投資家が、スペインの不動産価値を押し上げつつあります。





海外不動産のコンサルティング、株式会社レオン都市開発 LEON.U.D.にお問い合わせ

ページの上部へ