シンガポール不動産の魅力Appeal

シンガポール

シンガポール不動産の魅力

なぜシンガポールの不動産は魅力的なのか

有利な税制

シンガポールの優遇された税制は、富裕層や起業家にとって、最大の魅力だと言われています。
例えば、世界一高い水準と言われている日本の法人税の約40%に対し、シンガポールの法人税は最大17%(実効税率10%以下)で、世界トップクラスの低さです。
また、個人に課せられる所得税率は、平成27年度より日本が最高45%(+住民税10%で合計50%)に対し、シンガポールは最高20%(住民税はゼロ)です。
さらに、シンガポールでは、相続税、贈与税もありません。

日本とシンガポールの税制比較
主な税制   日本   シンガポール
法人税   最大40%   最大17%
個人所得税   最大45%   最大20%
国外源泉の所得   課税   非課税
住民税   40%+4,000円   非課税
相続税   最大55%   非課税
贈与税   最大55%   非課税
譲渡益税   原則20%   非課税
譲渡益税(不動産) 20%(保有期間5年以上) 非課税
39%(保有期間5年未満)
インカムゲイン税   20%   非課税

※シンガポールにも日本同様、「基礎控除」「配偶者控除」などの人的控除が認められています。
※表では、基礎控除」「配偶者控除」などの人的控除前の税率を表示しています。


この有利な税制に魅力を感じ、シンガポールへ進出する企業や移住を希望する個人が増加することは自然の流れであり、特に、税金の高い日本からシンガポールへ拠点を移すことで受ける恩恵は、他国よりも大きいと言えます。
移住者が増えると当然、住居の必要性も高まります。シンガポールの賃貸需要は増加が見込まれています。

人口の増加

シンガポールの現在の人口は約540万人です。
シンガポール政府は2013年に、2030年までに人口を約690万人にまで増やす方針を発表しており、人口はその後1年で約7万人増加しています。 人口密度は7,604.23人/㎡で、シンガポールは世界一人口密度の高い国です。(日本は336.92人/㎡で19位/186カ国)


順調に増え続ける人口に対し、主要エリアでは土地不足が深刻化しており、不動産の価値は下がりにくく、むしろ上がっています。

世界一の資産保全性

先述の有利な税制をバックグラウンドに、シンガポールは、資産保全額でも世界一だと言われています。 シンガポールの不動産価格の相場は東京よりも高いこともありますが、賃借する場合も家賃がかなり高額になり、シンガポール居住者の場合は結局、購入した方が資産を保全できます。
その理由として、
●優遇された税金で可処分所得が高いことにより資金に余裕ができる
●不動産の価値が中古でも値崩れしにくい
●シンガポールには今後も富裕層が集まり、住居の必要性がある
●売却時は売却益に課税されない
などが挙げられます。
  

移住先としての魅力

シンガポールへの移住のメリットは、その税制だけではありません。
シンガポールの公用語は、英語、マ レー語、中国語(北京語)、タミル語の4つ。
お子様が英語・中国語を学べる環境で過ごすことができ、多国籍文化の中で国際人としての感覚やコミュニケーション能力を身につけることができるという教育環境に魅力を感じ、シンガポールへ留学移住する動きが、富裕層の中に出てきています。

また、シンガポールはアジア一治安が良いことでも知られており、厳格な法律により国民の暮らしが守られています。街をきれいに保つための法律もあり、衛生的に過ごすことができます。
医療レベルも高く、日本と同レベルとされています。日本人の医師やスタッフが常駐している病院も多いので安心できます。
他民族が暮らすシンガポールでは、各民族の料理を楽しむことができ、日本料理やイタリアンなどの世界各国の食文化も発達しているので、食生活にも飽きることがありません。

シンガポールは天災や地震もなく、親日国家でもあり、移住に適した国だといえます。

経済の安定性と将来性

政治や治安が安定していない地域が多い東南アジアの中で、シンガポールは、世界でも上位にランクインするほど安定した国家です。
先進国であるシンガポールの経済はいまだに成長し続けており、政変や経済不振により不動産価格が暴落するというリスクは極めて低いと言えます。


また、世界経済フォーラムの2013-2014年の発表では、シンガポールは国際競争力ランキングで1位のスイスに続いて2位となりました。
世界中から富裕層や起業家が集まり、経済成長を続けるシンガポールの不動産に、多くの投資可能資産が一定以上の資産家・投資家が投資をしています。

海外不動産のコンサルティング、株式会社レオン都市開発 LEON.U.D.にお問い合わせ

ページの上部へ