フィリピン不動産の魅力Appeal

フィリピン

フィリピン不動産の魅力

フィリピン不動産の魅力

高い若者比率(労働人口の増加)

フィリピン全人口のうち、全体の46%が21歳であり、フィリピンは若い活気にあふれています。
総人口も、年々増え続けており、現在のフィリピンの人口は約9750万人に対して2020年には1億人を超え2035年には日本の人口を超えると予測されています。

人口の推移 - 世界経済のネタ帳

人口の増加は安定的な地価上昇を生み出します。


留学先としての魅力

アジアでは、シンガポールとフィリピンの公用語が英語となっています。
その費用の安さと、人件費の安さによって実現されるマンツーマンの授業が魅力だと、フィリピンが語学留学先として人気を集めています。
留学生の住居として、フィリピンの不動産の需要も高まっており、留学時の住居として、またその後の運用として、フィリピン不動産を購入する人も増えています。


OFWの活躍

フィリピンはOFWを、国をあげてバックアップしています。
OFWとはOversea Filipino Workersの略称で、海外で働くフィリピン人のことです。
公用語である英語能力を生かし、人件費の安いフィリピンでは得られないような金額の収入を得ているOFWの数は、人口の10%である900万人ともいわれています。

フィリピンはアメリカと同じ属人主義税制をとっており、つまりフィリピン人は世界中のどこに住んでいても、フィリピンに納税しなければなりません。OFWの納税は、フィリピン国家にとって重要な財源となっています。
また、OFWによる祖国の家族への仕送りも盛んです。この送金額の合計は、驚くべきことに、フィリピンのGDPの20%を占めています。

OFWによるフィリピン不動産の購入も活発で、高級コンドミニアム市場の需要を高めています。


永住権のとりやすさ(移住のしやすさ)

フィリピンの永住権は、他のアジア諸国に比べ取得しやすくなっています。約200万円~500万円の預金をすることが条件で、特別居住ビザ(実質の永住権)が取得できます。
日本に比べ、まだまだ価格の安いフィリピン不動産を購入し、ビザを取得すれば、その不動産を投資目的としてだけではなく、将来的な住居として利用するという選択肢も生まれます。
いざという時にはフィリピンに移住できるという心強い選択肢が自動的に増えることになります。
また、滞在ビザには滞在義務がなく、冬の寒い時期だけ日本から離れるということも可能です。


低い空室率

マカティCBDの高級住宅空き家率
期間 価格上昇率
2012,10〜12月 4.8%
2013,1〜3月 4.7%
2013,4〜6月 3.4%
2013,7〜9月 3.5%
調査:Colliers international

マカティ地区の高級住宅空き家率は、全体の平均が10%であるのに対し、3~4%で推移しています。
2012年の始めにはその空き家率が6.0%であったことからも、高級住宅の需要が年々増加していることが分かります。

※CBD…中枢ビジネス地区


上昇する不動産価格

マカティCBDにおける住宅価格の上昇率
期間 価格上昇率
2012,7〜9月 +8.3%
2012,10〜12月 +8.0%
2013,1〜3月 +5.6%
2013,4〜6月 9.98%
調査:Colliers international

2013年第2四半期のマカティCBDにおける住宅価格の上昇率は前年の同時期より高い、9.98%(インフレ調整済み)となりました。この伸び率は東南アジアで1番、そして世界でも5番目に高い数値でした。
専門家たちは今後も住宅需要は高まる傾向にあり、価格も上昇し続けるとの見解を示しています。

※マカティCBDは通勤・生活に便利で娯楽施設も整備されており、駐在員の住居が集中しているエリアです。


海外不動産のコンサルティング、株式会社レオン都市開発 LEON.U.D.にお問い合わせ

ページの上部へ