マルタ不動産の魅力Appeal

マルタ

マルタ不動産の魅力

なぜマルタの不動産は魅力的なのか

不動産価格の上昇

マルタ中央銀行、Central Bank of Maltaによると、
2016年のマルタにおける不動産価格上昇率は13.8%、 2017年には14.62%の上昇で、
その上昇率は ヨーロッパで第3位でした。

また、その後も上昇を続ける見込みです。

マルタ不動産価格は上昇傾向

不況の影響を受けづらい

不動産投資をする慣習があるマルタの人々の傾向と相まって、
厳しく、慎重な銀行の仕組みは、マルタを
「その国の不動産市場が世界的な経済危機の影響を受けづらい数少ないヨーロッパの国」
として確固たるものにしてきました。

これが、マルタの不動産市場が崩壊しない、
または崩壊する可能性は極めて低いと言われる主要な要因です。
また、経済的に危機のある他のヨーロッパ諸国からのマルタ移住のニーズが近年高まっています。

購入価格の選択肢が広い

ゴゾ島でもマルタ島でも、賃貸でも売買でも、
不動産市場にはほぼ全ての予算と条件に応じた、広い選択肢があります。

つまり、周囲のヨーロッパ諸国の主要都市に比べ、
同等の不動産を割安の価格で購入できるということになります。

※価格は、エリアと物件の種類によります。   

移住希望者が多く、賃貸の需要がある

なぜそもそもマルタが移住先として人気を集めているのでしょうか?

その理由としては、マルタの安定した気候、流れる穏やかな時間など、
マルタそのものの魅力に加え、英語が公用語として使われていることからの
教育のメリット、税制のメリットなどが挙げられます。

ワーキングホリデーの開始

2018年8月1日、安倍晋三内閣総理大臣は、
ジョゼフ・ムスカット・マルタ共和国首相(H.E. Dr. Joseph MUSCAT, Prime Minister of the Republic of Malta)と
首脳会談を行いました。

両首脳は二国間関係に関して、人的交流をテコとして両国関係を強化していくことで一致しました。
その観点から、初となるJETプログラムへのマルタの参加実現を歓迎し、
ワーキング・ホリデー制度開始に向けた交渉を加速化していくことで一致しました。

マルタでワーホリ制度が始まれば当然日本人のマルタへの関心が今まで以上に高まり、
実際に生活をするための住居の需要も高まると予測されます。



海外不動産のコンサルティング、株式会社レオン都市開発 LEON.U.D.にお問い合わせ

ページの上部へ