マレーシア MM2Hについてvisa

マレーシア

マレーシア MM2Hについて

MM2Hビザ

MM2Hとは?

MM2H(マレーシア・マイ・セカンドホーム)は、マレーシアに長期で滞在したい人のための、 長期滞在ビザのことです。永住権ではありませんが、滞在義務もありません。
10年更新で、事実上はほぼ永久にマレーシアに滞在することができます。

マレーシアには、ビザなしでも年間最大6か月まで滞在可能ですが、 このMM2Hを取得すると、さまざまな利点があります。

MM2Hのメリット


  1. 1.マレーシア国外を源泉とする所得には課税されない。
  2. 2.現地銀行の口座開設ができる    ※マレーシアでは預金利子に対して非課税 / 預金金利は定期で約3%
  3. 3.ビザ発行から6か月以内の所有中古車の輸入が免税で可能   ※通常は100%の関税がかかる
  4. 4.ビザ発行から12か月以内の現地組み立て車が1台免税で購入可能 ※3、4はどちらか1回のみ
  5. 5.一般的に、不動産融資を受ける際のローン融資枠が高くなる
  6. 6.50歳以上のビザ取得者は、場合により1週間に20時間を限度として就業できる
  7. 7.現地の、株式や投資信託などの金融商品の購入が可能になる


申請条件

MM2Hの良い所は配偶者、扶養家族(21歳未満で未婚の子供)を同時申請できることです。 MM2Hの取得には、基本的に年齢は関係ありません。

50歳以上か50歳以下で、取得条件が異なります。

50歳以上の場合
・35万RM以上の資産証明(預金、株式証券、国債など)
・1万RM以上のマレーシア国外からの月収証明
・15万RMをマレーシア金融機関に定期預金
(1年後、現地での医療、不動産購入、教育の目的でのみ、3分の1まで解約可能)


50歳未満の場合
・50万RM以上の資産証明 (預金、株式証券、国債など)
・1万RM以上のマレーシア国外からの月収証明
・30万RMをマレーシア金融機関に定期預金
(1年後、現地での医療、不動産購入、教育の目的でのみ半分まで解約可能)

現在はこのような条件となっていますが、 ほんの5年前は、1万RMの月収証明だけで取得できました。
条件はだんだんと厳しくなる傾向にあります。

MM2Hは年齢制限もなく、滞在義務もありません。

ビザ取得をお考えの方は、ぜひお早めにご検討ください。

ММ2H取得代行手数料

1家族 170,000円+消費税

海外不動産のコンサルティング、株式会社レオン都市開発 LEON.U.D.にお問い合わせ

ページの上部へ