フランス不動産の魅力Appeal

フランス

フランス不動産の魅力

パリ不動産の魅力

国に保護された美しい街並み

世界中から観光客を集め魅了するパリは、ファッション、芸術、歴史遺産、食のどれをとっても魅力的ですが、なんといっても、パリの魅力はその美しい街並みであり、一般のアパート(アパルトマン)までもがその美しさの一部となっています。「華の都」であるパリの景観と歴史を守るため、国と市が建築物を規制(高さ規制など)し、管理していることがこの美しい街並みが維持される重要なポイントなのです。

国に守られた資産価値

パリのアパルトマンはそのほとんどが17世紀から19世紀の間に建てられ、統一された都市景観のために、建築物の高さや外壁の素材などを指定されて作られています。これらの "オスマン様式"と呼ばれる建築物はすでに築100年以上であり、減価償却も終わっていますが、何度も修復工事を繰り返すことでその価値は下がるどころか上がっていきます。不動産屋の物件リストに築年数の表記がないことが多いのも、築年数に関係なく物件に価値があるからです。

需要>供給

フランス政府が歴史ある建築物を保護しているため、新規物件はほとんど建たず、建ったとしても戸数が限られています。この増えない供給に対して需要はむしろ増え続けており、常に需要が供給を上回っています。パリ市内のアパルトマンは、ほぼ空きがない状態で稼働しています。

高い出生率

フランスは、子育て支援政策が大変充実しており、出生率がヨーロッパの中でも1位の2.0となっています。


フランスの出生率

これに対し日本の出生率は1.37。


日本の出生率

今後の人口増加、経済成長が期待できます。

人口増加率

高い出生率を誇るフランス、特にパリの人口は右肩上がりに上昇しています。


フランスの人口

日本の人口はというと、横ばい状態が続いています。


日本の人口

今後の人口増加が見込めるパリの、不動産市場の将来的な見通しは明るいといえます。

安定した不動産市場

フランスの不動産価格は、1965年以降、10年スパンで上下しながら上昇していき、2000年からの10年間では、ほぼその平均価格は2倍となっています。


パリを含むパリ近郊の不動産価格市場推移


特にパリ市内の土地、建物が限られた人気エリアでの価格上昇が顕著です。パリという都市としての魅力や人口増加により、安定した不動産市場として、世界中の投資家から注目を集めています。

海外不動産のコンサルティング、株式会社レオン都市開発 LEON.U.D.にお問い合わせ

ページの上部へ