海外不動産の魅力Appeal

なぜ、海外なのか?

近年、企業の海外進出に加え、個人が国内資産を海外へ移す動きも増えてきています。

国別に見る不動産の魅力

  • U.S.A.アメリカ

    アメリカ

     サブプライム問題で不動産価格が急落したアメリカ。特に下落率の高かったエリア、ロサンゼルスの不動産価格が現在底値から徐々に回復してきています。
     またラスベガスも、不動産市況回復による価格上昇の真っただ中にあります。

    予算:1000万円~3000万円

  • Hawaiiハワイ

    ハワイ

     長期滞在者も多くコンドミニアムや戸建ても宿泊施設として人気で需要があり、健全な市場です。
    主要エリアには土地の空きがなく新築がなかなか建たないこともあり、立地の良い新築物件はすぐに完売してしまいます。
     安定した資産形成にお勧めです。

    予算:1500万円~

  • Thailandタイ

    タイ

     どんなに高級な物件に対しても、固定資産税がないので、物件維持費がかなり安く抑えられます。
     都市開発が進むバンコクのコンドミニアムは、ローカルの需要に加えて、外国からの駐在員の住居としての需要が今後ますます高まると見込まれています。

    予算:1000万~7000万円

  • Malaysiaマレーシア

    マレーシア

     2020年を目標に先進国入りを目指すマレーシアは、平均5~7%の経済成長率を維持しており、それにスライドするように、将来的な不動産価格も上昇すると見込まれています。
     マレーシアは2006年から現在までロングステイ滞在希望先国として1位の座を維持しています。

    予算:3000万~
    (※2014年1月~外国人は100万RM以上の価格下限が設定されました)
    (※MM2H保持者は規制対象外)

  • Franceフランス

    フランス

     世界中から観光客を集め魅了するパリ市内のアパルトマンは、ほぼ空きがない状態で稼働しています。
     その美しい街並みを保護するため、パリ市内には新築物件はほぼ建ちません。
     パリ不動産の平均価格はこの10年で2倍になっており、限られた物件数に対する需要は増加傾向にあるため今後も価格は上昇し続ける見込みです。

    予算:5000万円~1億円           

  • Singaporeシンガポール

    シンガポール

     シンガポールの優遇された税制は、富裕層や起業家にとって、最大の魅力だと言われています。
     政治や治安が安定していない地域が多い東南アジアの中で、シンガポールは、世界でも上位にランクインするほど安定した国家です。
     先進国であるシンガポールの経済はいまだに成長し続けており、政変や経済不振により不動産価格が暴落するというリスクは極めて低いと言えます。

    予算:6000万円~3億円

  • Spainスペイン

    スペイン

     スペイン政府は、スペインに50万ユーロ以上の不動産を購入すれば、スペイン居住権を与えるとする法律を可決しました。
     この居住権があれば、ほぼ全てのヨーロッパ諸国へ自由に往来することが可能になります。

    予算:7000万円以上       

  • Philippinesフィリピン

    フィリピン

     アジア最大の英語圏といえるフィリピンは、人口が順調に増えており、特に若者の人口が多く今後も安定した経済成長が期待できます。
     優秀な若者が海外で得た給料の税収が属人制をとるフィリピンの大きな財源となっています。
     また、海外で出稼ぎをするフィリピン人の母国への仕送りも、貴重な財源となり、フィリピンの経済成長を支えています。

    予算:500万円~3000万円

海外不動産のコンサルティング、株式会社レオン都市開発 LEON.U.D.にお問い合わせ

ページの上部へ